良質なカウンセリングを行うにあたり様々な知識を活かし新潟の方をサポートいたします

お問い合わせはこちら

カウンセラー

これからの人生をより良く生きるために 

COUNSELOR

生きづらい自分から、ありのままの自分で生きる 

私は二女です。小さい頃は弟の方が優遇されていることに理不尽でした。両親は学校の参観日に来てくれることもなければ卒業式にも参加したくないという状態でした。子ども心に思ったことは大人って子どものことに構っていられないほど働かないといけない。とっても多忙なんだなという思いで納得していました。でも本当は違っていました。私も大人になり結婚し子どもを産み育てる中で思ったことは、なんだ全然違う。行こうと思えばできることだったことに両親に対する怒りやガッカリした思いなどいろいろ葛藤がおこりました。話は変わりますが実のところ私は計算することが苦手です。ですから金融機関で仕事をすることはとても苦痛でした。それなのに何故こんなにも心理的負担を抱えてまで頑張るのかと自分に問うた時に両親から褒められたくて必死だったということに気がついたのです。そんなに頑張っているのに心から褒めてくれることはありませんでした。それで自身の骨折入院を機に退職し心理カウンセラーとして同じように生きづらさを抱えている方のお役に立ちたいと思いカウンセリングルームを開くことに至りました。


大空 桃子(Momoko Ozora)

大空 桃子(Momoko Ozora)

心理カウンセラー

資格
メンタル心理カウンセラー資格取得
心理カウンセリング基礎知識講座修了
認定臨床心理カウンセラー資格取得
プロフィール
離婚、三人の子育て、入院などのさまざまな経験を通して「人生をよりよく生きる」ためにをモットーに金融機関を退職して心理カウンセラーの道へ。

「いちごのくつ下」というルーム名は、子供の頃に経験した出来事から名付けました。
今は全然思い出しません。
自分でも不思議です。
このカウンセリングは無意識のところに働きかけるので本人も知らないうちに良くなっていきます。
長い人生、これからは悩みがなくなる、ということではないのです。でも、なんとか乗り越えられそう!と思える、ご自身の真の強さができます。
本当に大切なものは何かもわかってきます。
落ち込んだりする時もあります。でもその時間が短いです。
一人でもいい「より良く自分の人生をおくるために。」お役に立てれば幸いです。

閉じる

こちらのカウンセリングルームでは、これまでに子育てのイライラ、兄弟姉妹の関わり方、摂食障害、吃音、親との関わり合い、頭痛、仕事の人間関係、亡くなった方への思い、男女の人間関係など、様々な相談を扱ってきております。カウンセリングを進めて行くうちにどんどん別な悩みも出てきます。良くなってくるとそ次から次へと悩みが変化していったりします。大切なことは自分の中で良くなりたいという気持ちです。過去と他人は変えられませんが、自分は変えていくことができます。負けるとか勝つとかのことではありません。自分を認めて大切にしていくと変わっていくのです。あなたが変わると周りの人も変わっていきます。そういうイイ流れのループが回り始めるのです。これから先の人生に悩むことや苦難がなくなるということではありません。「でも、なんとかなる!」という思いで乗り越えていくエネルギーが備わっていくのです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。