子どもがケガをしたとき

お問い合わせはこちら

子どもがケガをしたとき

子どもがケガをしたとき

2021/07/27

あなたはどんな反応をしますか

例えば、子どもが転んでヒザを擦って、痛くて泣いています。

あなただったら、どうしますか?

あら、たいへん!と言って急いで救急箱をとりに行き、絆創膏をはって「もう大丈夫。」と言いますか?

それとも、

「痛かったねぇ~、痛いの痛いの飛んでいけ~」って言いますか?

実は、

子どもは一緒に痛がってくれる方が嬉しい。

子どもと一緒に「痛いねぇ」とか「それは嫌だったね」とか「悔しいね」と言うだけで、なんかいい気持ちになります。

考えてみれば私たちも、仕事の愚痴を話して「そうなんだ、それは嫌だね」と言われればなんか分かってもらえた気分になって、また次は頑張れるような気になります。

ちょうど今はオリンピック開催中です。

オリンピック中継を家族で見て、ワ~!ヤッター!と一緒に観戦するだけでもなんだか一体感が生まれ、きっと楽しい時間になりますよ。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。